FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイホーム。

・どうも昨日はメディカルで10月中間発表でした!

私は結構メディカルの喫煙所にたまっていて、そこに年の近い3人がいたんです。

そのうち自然と仲良くなって、今では4人グループみたくなっています。それでその仲間の1人が昨日中間発表をやりました!


いろいろ思ったこともあるんだけど、文章が長くなりそうなので一つに絞ります。

その中間発表を聞いていて感じたことの一つに、「このメンバーはグループへの帰属意識が高い」ってことです。

なぜこんなことを思いついたかというと、嵐の櫻井くんが答えた雑誌のインタビューで、共感する文章があったからです笑


---櫻井「僕は、もともと仲間に対する帰属意識が高いほうで、友達であれ、嵐であれ、そのグループへの投資と奉仕は相当なものだと自負してます(笑)」
(このインタビュー、本当に櫻井くんがいいこと言っていて全文引用したいくらいなんだけど、泣く泣く省略します笑)


これ、結構喫煙所メンバー1人1人にも当てはまりそうだなあって思った。

みんな自分の時間もお金も労力も、仲間のためだったら全力で費やしちゃいそうなところがあるように感じる。

私もそういうところあるもの。


…で、その一方で私が前々から引っかかっていることもあるんです。

それはグループが「排他的」になっていること。

どうも他の人が入れない、寄せ付けないような雰囲気があると感じるんです。



実は今まで書いた文章って、今日私が夕方のミーティングで話した内容に加筆したものなんです。


実際にミーティングが終わった後、信頼しているスタッフさんから後でフィードバックを頂きました。

このスタッフさんは昔固定メンバーでとあるワークをやっていたそうです。

それでランチの時もワークの固定メンバーで固まっていたら、他の人から「何でそんなことやってるの!?」って叩かれた、なーんて。


確かに喫煙所メンバーのグループは、メディカルでの私のホームになりつつあります。

いろいろ自分の中に課題もあって勉強の場にもなってます。

でももうちょっとオープンになってもいいんじゃないかって常々思ってる訳です。



やっぱり自分の学校生活を振り返ってみると、いつも居心地のいいグループにいられる訳じゃなかったし。

ホームルームの私、美術部の私、塾の私、家族の私、委員会の私っていう風にいろいろなコミュニティがあって、その場その場で違う人間関係があるわけです。

それでいろいろな人と接する機会があったし、労力の配分もいろいろ調整してました。


それが今のメディカルでは、「喫煙所での私」だけに取り組めばいいやーって思うときがあるんですよ。

凄く偏ってるんですよ。他のコミュニティや人と絡まなくていいや、みたいな。これが凄く自分の中で「それってどうなの?」って思う。

例えば今までの学校生活を振り返っただけでも、たった一つのコミュニティに労力を注いでいればいいなんて、ありえないと思うんです。

---実際にメディカルから一般社会に戻ったとき、「一つのグループに固執する自分」で果たしてやっていけるのかな?



そう思うとやっぱりいろいろな人と接したいし、ワークにも参加してコミュニティを増やして行きたいって思うんです。



昨日の中間発表ではそんなことを思わされました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2018/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

もこ

Author:もこ
もこ

Like
茶太/サブカル/詩/絵/甘いもの/紅茶/ほうじ茶/ウーロン茶/ピンク/ブラウン/白/前向き/マトリョーシカ/カエル

よろしくお願いしますー!:)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
blogram
blogram投票ボタン
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。